予算は?アイテムは?シーンに合わせた退職祝いの選び方

お世話になった上司や同僚が退職する時、感謝の気持ちを込めて何かプレゼントを渡したいと思う人も多いものです。退職は、転職や独立開業、定年、妊娠や出産、結婚など、人それぞれの理由があります。退職祝いを贈る時は、退職する状況に合ったプレゼントを選びましょう。退職祝いを贈る時の金額の相場はいくらか、退職祝いで喜ばれるアイテムにはどのようなものがあるのか、知っているようで知らない退職祝いを贈る時のポイントをご紹介します。

■退職祝いの金額相場
退職祝いのプレゼントには、相場の金額があります。相場を知っておくことで、プレゼントが選びやすくなるはずです。相場は、年齢と相手との関係性が大きく関係しています。退職する相手別に相場価格をチェックしてみましょう。

【同僚または友人】
同僚や友人の退職には、20~30代の場合3,000円~5,000円程度、40代以上の場合は5,000~1万円程度が相場です。実際にいくらにするかは、相手と自分との親密度合いによって決定すると良いでしょう。他の同僚と連名にするなど工夫をすれば、少し上質のものも贈ることができます。

【上司や先輩】
お世話になった上司や先輩の場合は、20~30代の場合で4,000~6,000円程度、40代以上の場合は5,000~10,000円程度のものを選ぶと失礼がないでしょう。相手にどの程度お世話になったのか、どの程度迷惑をかけてしまったのかなど、これまでの関わり方によって金額を決定すると良いでしょう。

【自分または配偶者の親】
自分の親や配偶者の親の場合は、1~3万円程度が相場です。また、1~2万円のプレゼントを用意して、そのプレゼントを渡す食事会をセッティングするという方法もあります。普段は照れくさくて伝えられない、感謝の気持ちを素直に表しましょう。

■転職や開業時の退職祝い
転職や独立開業するなど、新たな仕事の門出で退職する場合は、次の仕事にも活かせるようなアイテムがおすすめです。アイテム別に選び方をチェックしてみましょう。

【ボールペン】
ボールペンは、比較的職種を問わずに仕事上必要となるため、転職や開業といった理由で退職する場合にはふさわしいアイテムです。相手の性別や年代、相手の好みなどを基準に選ぶことをおすすめします。好みが分からない場合は、どのような職場でも使えるようなシンプルなデザインにすると良いでしょう。

【名刺入れ】
名刺入れは、正社員としての転職や独立開業する相手に贈る時に喜ばれるアイテムです。相手の性別や年代、好みに加えて、人前で使用することを考慮して、少し上質のものを贈りましょう。実用性を考えて選ぶと失敗が少ないと思います。

【ネクタイ】
ネクタイは転職や独立の際に贈る定番のプレゼントです。ただし、好みが強く出るアイテムであるため、相手の好みに精通している場合でない限り、選ぶのは難しいとも言えます。色や柄は、年代や業種、職種とも大きく関わるため、贈る相手の次の仕事のことを考えて選びましょう。

【ハンカチ】
昔、ハンカチは手切れの意味があるとして退職祝いでは避けられるアイテムでした。最近では、ハンカチは値段も手ごろであり、贈られた相手に気を遣わせることもないため、退職祝いとして選ぶ方が増えています。贈る相手が比較的年配である場合や、慣習を気にする方の場合は不向きです。相手の好みを優先して、相手に似合うものを選びましょう。

【ベルト】
男性の場合、ベルトは非常に選びやすいアイテムです。シンプルなものを選ぶと、好みとは関係なく、冠婚葬祭時にも使用できるため重宝されます。個性を出したい方の場合には、バックルが少し印象的なものを選ぶと良いでしょう。女性でも仕事柄パンツスーツを着用する機会の多い方であれば、ベルトもおすすめです。

■妊娠・出産時の退職祝い
妊娠や出産で退職する場合には、妊婦さんの時期に使えるものをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。赤ちゃん用品は退職祝いではなく、赤ちゃんの誕生後、母子ともに元気である報告を受けてから出産祝いとして贈りましょう。

【ハーブティー】
妊娠期は、カフェインの摂取を控える必要があります。リラックスタイムを過ごす代用品としてハーブティーがおすすめです。茶葉がかわいい缶に入っているものは見た目が映えますが、実際にお茶を入れる際には手間になってしまいます。保存のことも考慮すると、ティーバッグタイプがおすすめです。

【湯たんぽ】
妊婦さんにとって冷えは大敵です。特に寒い時期に妊娠期を向かる方なら湯たんぽがおすすめです。湯たんぽは産後赤ちゃんに使用することも考え、安全設計のものを選ぶと喜ばれるでしょう。湯たんぽカバーはバリエーションも多く、相手の好みを考えて喜ばれそうなものを選ぶようにしてください。

【ドライフルーツ】
つわりでつらい時や、甘いものを食べたいけれど体重管理のために制限されている時など、便利なのがドライフルーツです。手軽に食べられて、自然な甘みを楽しめるうえに栄養価もあります。一緒に保存容器もプレゼントすると喜ばれるでしょう。

【ボディクリーム】
妊娠腺対策やリラックスタイムを過ごせるように、ボディクリームもおすすめです。妊娠期は、ニオイに敏感になっている場合や、一時的に肌質が変化することも考えられます。ボディクリームを贈る場合には、低刺激のもので無香性のものであれば安心です。

【タオル】
妊娠や出産の時期に何枚あっても嬉しいのがタオルです。産後も赤ちゃんと使えるように、オーガニックコットンなど素材や肌触りにこだわったものを選びましょう。明るい気持ちで過ごせるようなデザインのものがおすすめです。

【母子手帳ケース】
健康診断など、産後にも持ち運びすることが多い母子手帳。かわいいケースを付けてお気に入りのアイテムにしたいものです。母子手帳ケースは金額的にも負担が少なく、デザインも豊富に揃っているため、相手の好みに合わせたものを選びましょう。母子手帳は、地方自治体によってサイズが異なるため、贈る前に確認しておくことをおすすめします。

 

「オンリーワンギフト」
上記のさまざまなギフト商品がありますが、同じ商品が重なったり好みが分らなかったりした場合は、他人と違ったオリジナルの贈り物をするのがベストですが、そういった場合に特におすすめの商品をご紹介します。

PHOTO DECOMフォトデコム
お写真と感動のメッセージとともにオンリーワンギフトを製作する商品です。感動で大喜びされることでしょう。

 

■定年退職時の退職祝い
上司や先輩、自分の親や配偶者の親が定年で退職する時は、お世話になったお礼として退職祝いを贈りましょう。相手が年長者であることも踏まえて、変わり種を贈るよりも定番のものを贈ることをおすすめします。

【花束】
退職祝いの定番と言えばお花です。お祝いのお花であるため明るめの色を揃え、ラッピングも少し豪華になるようにオーダーしましょう。最近では、オンラインでの注文を受け付けているお花屋さんもたくさんあります。

【ディナー】
これまで忙しかった方へ、ディナークルーズのチケットなど「特別な時間」をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。自分の親や配偶者の親が退職する場合は、お祝いのプレゼントを渡す食事会をセッティングしてもよいでしょう。

【お酒】
日本酒や焼酎、ワインなどお酒が好きな上司には、少し上質で特別なお酒プレゼントしてみてはいかがでしょうか。どのようなお酒を贈れば良いのか分からないという場合には、酒販店などでお店の人に相談してみましょう。退職祝いに珍しいお酒を贈りたいと言えば、ふさわしいものを選んでもらえると思います。

【カバン】
これからゆっくりした時間を過ごしてもらいたいという気持ちを込めて、旅行用のカバンもおすすめです。持ちやすさや物の出し入れのしやすさなどを重視したものを選びましょう。相手の性別や年齢、好みを考慮して選ぶことがポイントです。

退職祝いは、これまでの感謝の気持ちと贈る相手のこれからの成功を祈って贈ります。退職する場合は、人それぞれに異なる理由があるはずです。退職する理由に合わせて、次の生活に使えるものを基準として選ぶと失敗が少なく、相手にも喜んでもらえるものが見つかることでしょう。使いやすさを考えた実用性のあるものを選ぶ場合には、自分の好みではなく、相手の好みに合わせたものを選ぶことが基本です。普段なかなか伝えられない感謝の言葉も忘れずに添えましょう。